UNTITLED

... Californiaでの生活、デザインの話、日本への生存報告 ... 

最近見た映画: Midnight in ParisとTinker, Tailor, Soldier, Spy(裏切りのサーカス)

最近見たおもしろかった映画の紹介です。

midnightparis.jpeg  まずは、Midnight in Paris。ウッディ・アレン監督作品で、彼の今までの作品の色んなエッセンスが凝縮されているような映画です。あ、そうそう、こういう感じあったよね、と思うけれど、それが昔の焼き増しで見飽きたよ、っていう風にはならなくて、逆に嬉しくなるような感じでした(ウッディファンなもので)。つい内容を書いてしまいそうなので詳細は割愛しますが、(彼の作品に共通しますが)人や物事の本質というものを描いていたり、考えさせられたりするような作品でした。エンディングは好みが分かれそうですが私は結構好きです。絵的にもキレイだし、会話も笑えておもしろいしで、さくっと見れるわりに、後にじんわり残る映画でした。万人受けしそうな映画ですが、特にウッディ・アレンファンはかなりツボにくる映画間違いなしです!

tinker.jpeg もう一つはスパイ映画で、Tinker, Tailor, Soldier, Spy(裏切りのサーカス)。トーマス・アルフレッドソン監督。スパイ映画と言っても派手なアクションはほとんどないので、そういうのを期待して見たら200%がっかりします(笑)しかも登場人物が多くて(主に老人)、話をちゃんと聞いてないとストーリーが解らなくなる、若干メンドクサイ映画です。それでも、いい映画だったなと思わされたポイントは細かいディテール。実際のスパイはこういう風なのかもしれないなと、Intelligence Service(情報収集と分析を駆使した心理・情報戦)の本来の姿を垣間見た気がしました。しかも、映像が普通なようでいてとてもキレイなのです。微妙な色彩のバランスや光の取り方がすばらしいです。アート・デザインに興味のある人は映像見てるだけでも楽しめるかも。それから、ゲイリー・オールドマンが渋い老人役にハマっていたのが意外でした。彼を見るだけでもこの映画一見の価値がありです。この映画ハズレだった〜と思う人が多そうな映画ですが、絵を描くのが好き、写真を撮るのが好き、空想好き、のうちどれか当てはまる人は気に入るかも?

夏休みもあと残り1週間ちょっとになり、のんびりしていられるのもあと少し。。。秋からはサンフランシスコの大学へ2時間かけて通学です。かなり遠いですが、汽車通学というのはちょっと懐かしい感じで楽しみです。
スポンサーサイト



    06:26 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

一日一善? Creative Morning: Simon Sinek



Do something nice, provide support to someone surround you and build trust between, then our world will be better place. (not exactly what he said, but in short...)

Sounds very simple and ordinary (sounds even silly for some), yet mazing talk...

至って普通で特別なことでもないけど、たまに思い出すことが必要なことってあります。このトークはまさにそんな感じで、日々の忙しさや過酷な環境などで、人のせいにしたり、言い訳をすることに慣れてしまっている時に思い出してほしい、そんな内容です。

このビデオを見ても「そんなこと言っても、酷い上司とか会社ってあるしどうしようもないでしょ」と思うのが普通だと思います。
    23:07 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

San Francisco Symphony & Fireworks @ Shoreline Amphitheater

ここ数年、独立記念日の花火を見に行かなくなっていた私たちでしたが、今年はSan Francisco Symphonyのチケットが当たったので、オーケストラの演奏をバックグラウンドに花火を楽しんできました!野外ステージで、季節的にも、札幌のPMF(芸術の森の野外ステージみたいな感じ)と近いような雰囲気で何だか懐かしい〜。

当たったチケットをもらいにいくと予想通り芝生席。早めに来て良かった〜。
まだガラガラでした♪
01.jpg


芝生席は人気で、どんどん人が埋まって行きます。
02.jpg

花火は後ろから上がるので遮るものの無い芝生席の方が人気のもよう。食べ物持ち込んでピクニック気分も味わえるし、独立記念日な雰囲気を味わうにはとっても良い席でした。

fireworks内容の方は、毎年テーマがあるようで今年は「Gold Medal Music」というテーマ。オリンピックにちなんだ曲や構成。オーケストラに興味ない人(うちの旦那のような人)でも知っている曲が多くて楽しめそうな内容&演出でした。独立記念日の花火が目的の人も多いし子供でも楽しめそうでいいですね。最後の方は、Queenの"We will rock you"や"We are the champions"で盛り上がって(歌ってる人多し)、ビートルズの歌でさらに盛り上がり(踊ってる人多数)、ドドーンとスターウォーズと共に花火が上がり始めました。初めて来たので、この1曲で終わりか??と思ったら、スターウォーズの後も2曲ぐらい花火が上がり続け、かなり見応え&聴き応えのある、花火&演奏でした。

それにしても、音楽聴きながらだと、花火が5割増くらいにキレイに見えた気がします♪実際、感覚って連携しているから、美しい花火が音楽をよりすばらしく感じさせて、すばらしい音楽が花火をより美しく感じさせるはず。

花火終了後は、皆さんあっというまに帰って行きましたが、抽選会があったので、私たちは、渋滞回避の為にしばらく居残り+下の指定席を見学して帰ってきました。もちろん、何も当たりませんでしたよ(笑)というか既に当たったチケットで来てる身分ですしね。。。
05.jpg


ついでに最初に撮り忘れた入り口のチケット売り場の写真(今更。。。笑)こんな感じでのらりくらりと写真を撮りながら帰って来たら全く渋滞に巻き込まれずに済んで楽しい独立記念日でした♪来年もまた見に来たいなぁ。
03.jpg
    18:59 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

インタラクションデザイン

そろそろ大学卒業するんじゃないの?という頃になってきていた私ですが、卒業はまだ先になりそうです。。。秋から、インタラクションデザインの専攻がある大学に編入しようかと思っています。

今の学校ではグラフィックデザイン→ビジュアルデザイン、Anthropology→エスノグラフィーと応用、心理学→認知、行動など、バイトでウェブデザイン、と興味のある分野をばらばらに勉強してきたのですが、新しくインタラクションデザインという専攻が近くの大学にできて、リサーチとデザインを両方勉強できそうなのが気に入ってアプライしてみましました。現在、大学には受かりましたが、奨学金待ちです。。。早く結果来ないかな。。。


と、そうこうしているうちに新しいセメスターも始まって、今回取るクラスもまたデザイン0%(笑)かなりアウェイな感じです。

Applied Anthropology
Human Learning
Perception
Social Psychology

「お勉強」が苦手な私にはテストとかペーパーとか全くついていけてませんが(デザインクラスはテストは皆無)、勉強の仕方、頭の使い方がアート・デザイン系のクラスとは全く違うのは新鮮です。しかも、アートのクラス(色彩学とか美術史)で勉強したことが心理学で出てきたりするのも面白かったり。意外なところでつながってるものです。

毎週、何かしらペーパーを書かされるので、アートスクールに編入するまでの最後のセメスター、The大学生な勉強も頑張ろうと思います。英語がそこそこで作品で勝負するというのも外国人としては手ですが、読み書きもある意味デザインなので、英語でもがんばらなくては。。。
    01:14 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

pinterest (ぴんたれすと)


Update: 
気に入った写真(特に自分以外の所有のもの)にどんどんPinするのをピンタレストではあたかも推奨しているような感じですが、実際、所有権などの問題が生じた場合、個人責任のようです。なので、他人の画像をPinする時には注意が必要です。とりあえず、私は自分所有の写真と転載可のもの以外は削除しようと思っています。

---

2012年最初のブログは画像SNSの紹介です。

pinterest.jpg

私も今日使い始めたばかりなのでまだまだよくわかってない所も多いですが、Pinterest(ピンタレスト)という画像のSNS、なかなか良さそうです。すっかりハマりそうな予感です。

同じようなサービスは他にも色々あるけれど、フォルダで区別できるのが便利なので、食べ物関係のレシピのブックマークに、本棚に、欲しいものリストに、などなど、とりあえず、みんなまとめてしまえるのが便利なので重宝しそう。あまりソーシャル要素が強くないSNSなので、交流するというよりは、自分用メモの延長で使うことになりそうです。

Pinterest - online pinboard: http://pinterest.com/maisgwr/pins/

使ってみたい人はインビテーション送りますよ~。

    02:31 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

Happy Holidays

秋から学校が忙しくて、気づけば前回更新してから3ヶ月経過。。。

クリスマス向けにバイト先のホームページをクリスマス仕様にしたので、
みなさんにクリスマスカード代わりにご紹介します♪

holiday.jpg

背景のパターン作って、ヘッダー真ん中にクリスマス飾りを付けただけだけど、
派手すぎずシンプルすぎずで結構自分では気に入っています♪

家ではクリスマス電飾どころかツリーもないので(電気代もったいないし)、
仕事でクリスマス気分満喫中です。

そういえば、クリスマス終わったら次は何のテーマかなと思った時に
真っ先に思い浮かんだのが『お正月』。でも、こっちは正月休みがない
会社もあったり、クリスマスに比べるとかなり極小のイベントです。
残念ながらお正月は普通のテーマに戻して終わることでしょう。。。
私としては門松とか鏡餅とか飾りたい所ですが。。。

私の職場は、幸運にもクリスマスから正月まで長ーい連休になっているので、
大晦日もお正月ものんびり過ごせそうで楽しみです。


では、少し早いですが皆さんよいお年を~。
    16:54 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ラスベガス。自然が一番の贅沢。

半月くらい前ですが、夏休み最後にラスベガス旅行に行ってきました。

旦那のカンファレンスに便乗して行ったので、私の交通費と食事代くらいで格安旅行♪ギャンブルにも全く興味なしだったので、ギャンブラーでなくても楽しめるラスベガスをご紹介します。

まず、初日は旦那と別々にラスベガスまで行って、旦那は先に着いてカンファレンスの会場に。私はマイルの無料航空券で行ったのでLA乗り換えで4時間くらいかかってラスベガスにやっとこ到着。

今回はホテル代は会社持ちなので少しいいところに泊まることにしました。旦那の会社の人たちもたくさん泊まっていて人気のAriaというホテル。2年程前にオープンしたわりと新しいホテルで、外観も内装も、いかにもラスベガスな派手な感じでなくシンプルな感じで、値段もなかなかお手頃でした。

frontdesk.jpg
    04:29 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

もっと休みたい。。。

夏休みも残り1ヶ月と少し。そろそろ秋からのクラスを登録しました。
取るクラスは、

Cognition
Ethnographic Methods
Cultural Anthropology
Art History

と、見ての通りデザイン系はアートヒストリーのみで、あとは、PsychologyとAnthropologyのクラス。デザインの実技クラスが一切ないので私にはかなりキツいセメスターになりそうな予感です。。。でも、どれも興味のあるクラスなので、楽しみでもあります♪

専攻をグラフィックデザインからインタラクションデザインに変えようかと思っているのですが、読み書きが苦手な私がついて行けるのかかなり心配です。。。地獄絵図になること間違いなし(笑)

そういえば、バイト先でずっと作ってた新しいサイトが公開直前に色々トラブル発生でしばらく見送りになっていたんですが、やっと明日公開になりそうです。といっても、今までも何度も延期になってたので、明日もどうなることやら。無事公開されるといいな~。
    23:49 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

Waste Land



最近、Netflixを再開したので、英語の勉強の為に1日1つ英語の映画とかドラマを見ることにしたのですが、早速見た「Waste Land」という映画がとっても良かったので紹介です。

Vik MunizというNY在住ブラジル人作家のアート・プロジェクト「Pictures of Garbage」を追ったドキュメンタリーで、リオ・デ・ジャネイロにある世界最大のゴミ集積場で働く人々と3年かけて行ったプロジェクトです。アートに興味がなくても、リオデジャネイロの現状やゴミ問題を知るためだけでも一見の価値がある映画だと思います。

色々と考えさせられる映画で、人によっては、偽善だと言う人もいると思います。映画の中でも、このプロジェクトを通してゴミ集積場の外の世界を知った後の彼らはどうなるのか(またゴミ拾いの生活に戻って行くのが嫌になるのではないか、一時的にいい思いをさせてるだけで無責任ではないか)、彼らの人生にそこまで影響を与えるのはどうなのかという議論が出て来たりもしますが、現地の人々も、Vik Munizと関わったことで、アート制作だけでなく、もっと深い所で影響を受けた(いい意味で)のではないかと私は思いたいです。小さくても変化の種みたいなものを作ることができたならそれで上出来ではないでしょうか。

アートというより、コミュニケーション、人や物との関わり方、そして、何かをするには色々な方法があるということを考えさせられる映画でした。作品もすばらしいですが、それより、彼らの会話の中に当たり前だけれど大事なことがちりばめられていておすすめです。
    19:57 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

アメリカで初面接。

アメリカに来てから初面接を受けてきました。

前に応募した大学のウェブデザインの仕事(スケジュールが合わなくて面接以前にポシャった。。。)のところから、空きが出たよと声をかけてくれたので、今回は夏休みでスケジュールもバッチリなので面接に行ってきました。

    23:19 | Trackback : 0 | Comment : 1 | Top

たしかなこと

いちばん大切なことは 特別なことではなく
ありふれた日々の中で 君を
今の気持ちのまゝで 見つめていること
(小田和正/たしかなこと)

今回の大震災の被災者のために私が何かできることがあるとすれば、いつも通りに、自分のするべきことをひとつひとつ丁寧に確実にやっていくことなのではないかなと思います。あたりまえでありふれたことをよく見つめていくことが大きな変化・チカラになっていくのではないかと思います。



    00:56 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

aveda birthday gift

P1301290.jpg Minnesotaに住んでいた頃に使いだしてから愛用しているAvedaですが、毎年、誕生日にハガキが送られて来て$25相当の商品がもらえます(メール会員になるだけで)。じつは旦那も入っているので(私にくれるのですがw)この間の誕生日にまた私のAvedaコレクションが増えました。

この誕生日ギフトですが、Personal Blendsというもので、Aveda Key Element™ aromaという12種類のアロマから好きな香りをボディーケア商品(ボディーソープ、ミルク、オイル、バスソルト)や香水などに入れて好きな香りを楽しめます。

http://www.aveda.com/enter/blends.tmpl
    17:25 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

Pregnancy photo shoot

P1281227.jpgお友達の妊婦さんがそろそろ臨月で、一番お腹の大きい時の記念に写真撮影をしてきました。

赤ちゃんが産まれたら写真をたくさん撮る人はよくいるけれど、妊娠中の写真て意外とあまりなかったりするので、後で妊娠中の気持ちを思い出したりしていい記念になるだろうし、ちょうど出産祝いを何にしようかと考えていて、この妊婦写真に出産後の写真も追加してフォトブックにしてプレゼントすることにしました。私もこんなスペシャルな体験はなかなかないので、とても楽しいひとときに。

ブラウスを着てお腹のところだけボタンを開けて大きなお腹を出したセミヌードな写真や、赤ちゃん用品と一緒に撮った写真など、写真を撮り始めると私も友達も楽しくなってきて結構色々なパターンで撮影しました。女子は結構こういうの好きかもしれませんね。友達にも楽しんでもらえたようで撮影した甲斐がありました。

とっても楽しい撮影だったので、また友達で妊娠した人がいたら、ぜひ撮影してみたいなと思った一日でした。
    11:56 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

Boundaries (Maya Lin)

lin0-020.jpg 図書館で長らく借りていてすっかり気に入ったので、今回テキストと一緒にお買い上げ。アートやデザインなどを勉強している人にお勧めの本です。

Boundaries: Maya Lin (Author)
http://www.amazon.com/Boundaries-Maya-Lin/dp/0743299590/

Washington, D.CのVietnam Veterans Memorialのデザインで有名な方なので、ご存知の人も多いかもしれません。彼女の作品の写真と文章が半々か文章の方が少し多いくらいの本です。彼女の作品集(建築・彫刻)としてお茶飲みながらパラパラ眺めるのもいいですが、私が一番気に入ったのは彼女の文章です。彼女の制作プロセスがただ説明してあるだけでなく、彼女の哲学がとっても美しい文章で書かれています。作品と同じくらい、とてもすばらしい文章です。

本の中で彼女は、"I think writing is the purest of art forms. When your thoughts and intentions are conveyed as directrly as possible to another person, no need exists for a translation. Words can be the most direct means of sharing our thoughts." と書いていますが、ここからも彼女の文章に対する思い入れが読み取れます。

彼女はアメリカ人ですが、両親は中国人移民でアジアなバックグラウンドを持っているので、日本人にはとても共感するところが多い本だと思います。アートやデザインには興味が無くても、異文化理解、ものの見方、などに興味のある人も楽しく読める本だと思います。
    23:47 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

引越&食生活充実月間

昨年末に引越をしました。前の部屋の片付けと新居の片付けに追われて、年越しそばも食べぬまま新年を迎えましたが、古くてStudio(ワンルーム)だった前の部屋と比べると、かなり快適な生活が送れるようになりました。そして、あと2日で冬休みも終わり大学がまた始まるので、ついでにBlogも改装です。Twitterのプラグインを入れてみたり、シンプルなテンプレートに変更しました。いつも、大幅に更新しようと思ってつい先延ばしにしていたので、今回は気になるところだけ変えることに。
    03:01 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
About me

mai sugawara

mai sugawara
北海道出身。Interaction Designを勉強しています。'09から San Jose 在住。その前は、ミネソタ州Minneapolis、テキサス州Austinにも住んでました。

Twitter
Recent Entries
Recent Comments
Plant a Tree
Search
Category
Archives